今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

楽天ジャパンオープン 内山靖崇/マクラクラン勉のペアが男子ダブルス優勝!

 

f:id:ogihara0308:20171003143518p:plain

 

楽天ジャパンオープンは男子ダブルスの決勝が行われました。

 

【決勝】

名前  ゲーム・カウント   セット 
 カウント 
内山靖崇
マクラクラン勉 
6 7   2
J・マリー(アメリカ)
B・ソアレス(ブラジル) 
4 6   0

 

内山靖崇選手、マクラクラン勉選手、やりました!優勝おめでとう!

 

f:id:ogihara0308:20171008165524p:plain

 

f:id:ogihara0308:20171008165654p:plain

 

決勝戦の相手は、昨年の全豪オープン、全米オープンを制している、ダブルスのスペシャリストのマリー(アメリカ)、ソアレス(ブラジル)のペアです。今大会は第2シードでの参戦でした。

 

第1セット、内山/マクラクラン組は第2ゲームで相手のサービスをブレイクし、ゲーム・カウント3-0とリードします。ここから相手に反撃を許し、一度は4-4まで追いつかれますが、相手の要所でのダブル・フォルトにも助けられ、このセットを6-4で先取します。

第2セットは互いに譲らずサービス・キープが続いて、6-6でタイブレークに突入します。ここで相手のサービス・ゲームで内山/マクラクラン組が素晴らしいリターン・エースを2本連続で決め、3-0とリード。そのままの勢いでタイブレークを7-1で制し、ゲーム・セット

4大大会のチャンピオン・ペアをストレートで下して優勝を勝ち取りました!

 

今大会は、先の全米オープンを制した第1シードのロジェール/テカウ組も撃破しているので、第1シード、第2シードを破っての文句なしの優勝ですね。

 

マクラクラン勉選手、あまり馴染みがないかも知れませんが、今年の6月にニュージーランドから日本に母国の登録を変更した、日本男子選手には珍しいダブルスのスペシャリストです。先日のデビス・カップでも、内山選手とペアを組んで日の丸を背負って戦いました。

今後は、いろいろな大会でこのペアの朗報が聞ける機会が増えるかも知れませんね。

大いに期待できそうです。

内山選手、マクラクラン選手、優勝おめでとう!