今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

ジャパンウイメンズオープン 加藤未唯、嬉しいベスト8進出!

f:id:ogihara0308:20170911130232p:plain

 

ジャパンウイメンズオープンは1、2回戦が行われました。

それでは、日本人選手の結果を見ていきましょう。

 

1回戦で、大坂なおみ選手と奈良くるみ選手が激突しました。

ともに全米オープンで3回戦まで進んだ、好調な二人の対戦なのですが、大坂選手のパワフルな攻撃を奈良選手がいかに耐えて自分のペースに持ち込めるか、というあたりが見所と言えるでしょう。

第1セット、予想通り強いストロークで押してくる大坂選手に対し、緩いムーンボールを混ぜてうまくタイミングを外しながら、辛抱強く拾い続ける奈良選手の作戦がピタリとはまり、奈良選手が4-0とリードします。ここから大坂選手も4-3まで追い上げるのですが、再び奈良選手が主導権を握り、このセットを6-3で先取します。

第2セットに入っても、大坂選手は自分のテニスをさせてもらえず、一方奈良選手は粘り強く拾いながらもネットプレーやドロップショットを織り交ぜて変幻自在のテニスを披露し、なんとこのセットを6-0で連取、セット・カウント2-0で奈良選手が2回戦へと進出しました。

 

続いて、1回戦で日本人対決を制した加藤未唯選手が2回戦に登場しました。

2回戦の相手は第4シードのクリスティナ・プリスコバ。強敵です。

第1セット、プリスコバの攻撃を粘り強く拾いながら、主導権を渡すことなくゲームを進めて、加藤選手の6-5からプリスコバのサービスをブレイクして、7-5でこのセットを先取します。

第2セットは、意気消沈したプリスコバから5ゲームを連取するなどして、このセットを6-3で奪取、セット・カウント2-0でベスト8進出を決めました。

WTAのツアー大会では嬉しい自身初のベスト8進出です。

 

f:id:ogihara0308:20170914011922p:plain

 

準々決勝の相手は、1回戦で伊達選手を破ったアレクサンドラ・クルニッチです。

この調子で、ぜひベスト4に行ってほしいですね。

加藤未唯選手、がんばってくださいね!