今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

全米オープン 女子シングルス スローン・スティーブンスがノーシードからの初優勝!

f:id:ogihara0308:20170908011802p:plain

 

全米オープン・女子シングルスは、新しい王者が誕生しました。

 

f:id:ogihara0308:20170911013536p:plain

 

全米オープンの女子シングル決勝は、第15シードのマディソン・キーズとノーシードから勝ち上がってきたスローン・スティーブンスの対戦となりました。

スティーブンスがビーナス・ウィリアムスを倒した勢いで駆け抜けるのか、キーズがランキング上位の意地を見せるのか、どのような結果になったのでしょうか。

 

第1セットは、互いに譲らずに第7ゲーム、スティーブンスの4-3までサービス・キープが続く緊迫した試合展開となります。

しかし、第8ゲームでスティーブンスがこの日初めてのサービス・ブレイクをしてゲーム・カウント5-3とすると、続く自らのサービス・ゲームをキープして、このセットは6-3でスティーブンスが奪います。

第2セット、勝負に焦りが見えるキーズに対して、セットを先取してさらに勢いの増したスティーブンスとの差は明らかで、スティーブンスがこのセットも6-0で連取し、ゲーム・セット!

セット・カウント2-0のストレートでスティーブンスがキーズを破り、初めての4大大会のチャンピオンとなりました!

 

これは、スティーブンスの時代の到来ですね。

 

才能と実力はあったものの、ケガのために戦線離脱していて大きな大会での華々しい結果が今までにはないのですが、この優勝をキッカケに、大きく羽ばたくのではないでしょうか。

新しいチャンピオンの今後の活躍に、多いに注目していきたいと思います!