今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

全米オープン 男女ベスト4が出揃った!

f:id:ogihara0308:20170908011802p:plain

 

全米オープンは日々激戦が繰り返された結果、ついに男女のベスト4が出揃いました!

 

まずは男子から見ていきましょう。

 

選手名 出身国 世界ランク シード
ラファエル・ナダル スペイン 1 第1シード
パブロ・カレーニョ・ブスタ スペイン 19 第12シード
ファン・マルティン・デル=ポトロ アルゼンチン 28 第24シード
ケビン・アンダーソン 南アフリカ 32 第28シード

 

第1シードのナダルは順当でしたが、他のトップ・シードが次々と脱落してしまう中、カレーニョ・ブスタ、デル=ポトロ、アンダーソンの3人がナダルとともに優勝を争うこととなりました。

 

準決勝の組み合わせと見どころですが、

 

■ ナダル VS デル=ポトロ

ロジャー・フェデラーを撃破したデル=ポトロの勢いが、世界ランク1位で元王者のナダルに通じるか、ですね。

激しいストローク戦になりそうです。

 

■ カレーニョ・ブスタ VS アンダーソン

ともにグランドスラム初の準決勝進出です。

アンダーソンのビッグ・サーブが、今大会まだ1セットも落としていない絶好調のカレーニョ・ブスタからセットを奪うことができるでしょうか。

こちらも接戦が予想されます。

 

 

 さて、女子のほうはどうでしょうか。

  

選手名 出身国 世界ランク シード
ヴィーナス・ウィリアムズ アメリカ 12 第9シード
マディソン・キーズ アメリカ 10 第15シード
ココ・バンダウェイ アメリカ 23 第20シード
スローン・スティーブンズ アメリカ 83 -

 

こちらもトップ選手のシード・ダウンが続く荒れた展開でしたが、上表の4人が勝ち上がりました。なんと全員がアメリカ人です。さすが地元!

 

準決勝の組み合わせと見どころです。

 

■ ウィリアムズ VS スティーブンス

 ノーシードから勝ち上がってきたスティーブンスが、元王者のウィリアムスに挑みます。

才能がありながらも、ほぼ1年間をケガの治療でツアーから離れていたスティーブンスが、ウィリアムスにどのように襲い掛かるのか、楽しみですね。

 

■ バンダウェイ VS キーズ

こちらはともに全米オープン初の準決勝進出となる二人の対戦です。

第1シードのプリスコバを破って勝ち上がってきたバンダウェイに対して、4人の中で最上位ランキングのキーズが意地を見せるのか、こちらも非常に楽しみな対戦です。

 

この中から誰が勝ち上がって決勝の舞台へと進むのか!

注目してみましょう!