今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

ロジャーズ・カップ 錦織選手、2回戦でモンフィスとの激闘の末に惜敗!

f:id:ogihara0308:20170810124449p:image

 

ロジャーズ・カップの2回戦に錦織圭選手が登場、ガエル・モンフィスとの一戦に臨みました。

 

 モンフィスは世界ランク22位、身体能力の高さに定評があり、トリッキーなプレイも得意とする選手です。これまでの対戦成績は錦織選手の3勝0敗でした。

 

この試合、第1セットは互いに譲らず、タイブレークにもつれ込みましたが、これを7-4で制した錦織選手がセットを先取します。

続く第2セット、錦織選手が5-2とリードして勝負あったかというところからモンフィスが驚異の5ゲーム連取で、逆に7-5でセットを奪い返し、セットカウントは1-1に。

最終セットも互いにブレイクしあって再びタイブレークに突入します。このタイブレークは錦織選手が6-4とリードして4本のマッチポイントを握りますが、ここからまたもやモンフィスが驚くべき粘りを見せ、驚愕の6ポイント連取でタイブレークを8-6で制し、ゲームセット!

セットカウント2-1でモンフィスが錦織選手から初の勝利を収めることとなりました。

 

それにしても、悔やんでも悔やみきれない敗戦ですね。モンフィスもメンタル的なムラがなければ確実にトップ10に入るべき実力の持ち主ではありますが、ここに来てマッチポイントをひっくり返すほどの精神力、集中力を発揮するとは!

 

次は、8月最終週から始まる全米オープンです。

うまく気持ちを切り替えて、コンディションを整えて本番に臨んで欲しいですね。

錦織圭選手、頑張れ!