今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

ウィンブルドン・トリビア 錦織圭の苦戦から見えてくる、松岡修造の偉大さ

 

f:id:ogihara0308:20170711001105p:plain


今年のウィンブルドン、錦織圭は3回戦で敗退しました。

 

2015年の全米オープンで決勝に進出し、敗れはしたものの準優勝という輝かしい栄冠を手にして以来、いつかはグランドスラムで頂点に立つ日が来るだろうという期待感はまだ色褪せることなく、今年こそは、この大会こそは、と声を枯らして応援してはいるのですが、周りの猛者達もそうそう簡単に勝たせてくれるはずもなく、「あー、今回もダメだったかー。でも、次がある!」と自分で自分を慰める日がまたやってきてしまいました。


元世界ランク4位というランキングを持ってしても、芝のコートへの順応は相当に難しいということでしょうか。


全仏オープンを始めとするクレーでの戦い方と、ウィンブルドンを始めとする芝での戦い方は、全く違うといいますね。

クレーでは、バウンドするとボールのスピードが極端に落ちるため、しっかりと構えて相手コートに打ち込む機会が多くなります。そこで(多少体勢が崩れても)、狙ったコースに正確に打ち込めるプレイヤー、そこからゲームを組み立てて理詰めでポイントが取れるプレイヤーにはとても有利なコートと言えます。まさに、錦織圭のプレイスタイルにはマッチしたコートなんです。

一方、芝のコートはバウンドするとボールが滑ってきます。イレギュラーも多いと聞きます。フットワークも、足が芝で滑るので、体の重心をしっかり落として、踏ん張って打たないといけません。逆に、フラット系あるいはスライス系でバウンド後に滑るボールを打つのを得意とするプレイヤー、そして「ビッグ・サーバー」、スピードのあるフラットサーブをガンガン打ち込んでくるプレイヤー、強烈にスピンのかかった速いスライスサーブで相手をコートの外に追い出せるようなプレイヤーには、最適なサーフェスです。

錦織圭は、ビッグサーバーではないにしても、現在のテニス界屈指のフットワークを持つ選手、例え芝であったとしても、ストローク戦に持ち込めば俄然有利のはず、と考えてしまうのですが、クレーのシーズン直後の芝のシーズンというスケジュールが良くないのでしょうか、クレーで酷使した体を2週間のトーナメントを戦い抜くまでに回復させることができず、ここ数年は常に棄権による早期敗退を余儀なくされています。屈強な外国人選手と互角に渡り合うには、小兵の錦織圭にとってはそれだけ体に負担をかけないとやっていけない、ということなのでしょうね。

今年は前哨戦を怪我で棄権したものの、ウィンブルドンに入ってからは特に問題もなさそうで、1、2回戦と非常に良いテニスを見せてくれていただけに、とても残念です。

 


さて、ここで燦然と輝くのは、松岡修造の「ウィンブルドン・ベスト8」です。

今から22年前の1995年、松岡修造は4回戦でアメリカのジョイスを破り、ウィンブルドン・ベスト8という大きな勲章を手にしました。

世界ランク40〜50位程度、他のグランドスラムでは2回戦進出がやっとだったプレイヤーが、元世界ランク4位の日本人最高プレイヤーである錦織圭が成し遂げようとしても指さえかからないベスト8という偉業を達成してしまったんです!

 

この時の勝ち上がりは、

 1回戦 カレル・ノバチェク(アルゼンチン)

      6-4、6-7(5-7)、3-6、6-3、6-4

 2回戦 マーク・ノールズ(ハバナ)

      6-1、6-4、6-2

 3回戦 ハビエル・フラナ(スペイン)

      7-6(7-3)、3-6、6-7(6-8)、7-6(7-4)、6-3

という、3戦のうち2戦がフルセットというハードな戦況でした。

そして、

 4回戦 マイケル・ジョイス(アメリカ)

      6-3、6-2、6-4

これを勝って見事ベスト8決定!

ちなみに次の試合は、

 準々決勝 ピート・サンプラス(アメリカ)

       7-6(7-5)、3-6、4-6、2-6

と、当時世界ランク2位のサンプラスに第1セット先取からの逆転負けを喫してしまったのでした。


松岡修造のプレイ・スタイルは典型的なビッグサーバーで、速いフラットサーブ、キレるスライスサーブで相手の体勢を崩して、前に詰めてボレーで仕留めるというプレイが非常に得意な選手でした。ウィンブルドンの芝のコートには、正にピッタリのスタイルだったんですが、この年はそれが見事にハマったんでしょうね。もともと怪我の多い選手だったのですが、この年は体調も良く、サーブ、ボレーもキレキレで、テニス人生の中で最高の結果を残す事ができる条件が揃っていたという事なんでしょうね。


確かにドロー運が良かったということもあるでしょう。しかし、ドロー運だけではウィンブルドンで4回連続でなんて勝てませんよ。
ここは素直に、松岡修造の凄さを誉め讃えようではありませんか。

今でこそ、ちょっと暑苦しいキャラで、天候不順が続くと「松岡修造はどこに行ったんだ」などと騒がれてしまうような存在なのですが、本当はスゴイ人なんですよ!

 

※ちなみに、松岡修造がベスト8を決めた試合は、現地のコートサイドで観戦していました。最初で最後(?)のウィンブルドン観戦ツアーで松岡修造の最高の輝きを見れたことは、これ以上ない喜びです。

観戦記を別のブログの方で書いていますので、もし良かったら覗いてみてください。

 

www.ogiboke2519.xyz

 

また、こんな記事も書いています。

www.ogiboke2519.xyz