今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

ウィンブルドン 日本人選手試合結果 杉田、2回戦進出! ダニエル、尾崎、土居は残念!

f:id:ogihara0308:20170701173401j:plain

 

ウィンブルドンでは引き続き男子、女子シングルスの1回戦が行われました。

日本人選手の試合結果をお伝えします。

 

【1回戦】
杉田祐一 3-0 クライン

初戦の相手は世界ランク232位のクライン(イギリス)でした。

第1セットは互いに譲らず、タイブレークに突入するも7-5でこれを制すると、だんだんと調子が上がってきて相手を圧倒、第2、第3セットを連取して勝負を決めました。
結局、セット・カウント3-0(7-6、6-3、6-0)で4大大会初の勝利をあげ、2回戦へとコマを進めました。
2回戦では、ロペス(スペイン)とマナリノ(フランス)の勝者と対戦します。
前哨戦での優勝の勢いがそのまま出たような、理想的な展開でしたが、この調子を落とさずに、ぜひ2回戦も突破してもらいたいですね。


【1回戦】
ダニエル太郎 1-3   ククシュキン

第1セットを6-4で先取して好調な滑り出しを見せたダニエル選手でしたが、その後は相手の固いテニスを崩せず、第2セットを奪われると、第3セットはタイブレークまで粘ったのですが、これも取られ、最終的には第2セットから3セットを連取されて、セット・カウント1-3(6-4、4-6、6-7、2-6)で敗退、2回戦進出はなりませんでした。

 

【1回戦】
土居美咲 0-2 フリプケン

昨年度はこの大会でベスト16に進出した土居選手は、ベルギーのフリプケンスとの対戦でしたが、今年はストレート(4-6、3-6)での初戦敗退となってしまいました。

 

【1回戦】
アレルトバ 2-1 尾崎里紗

尾崎選手はチェコのアレルトバとの対戦でしたが、第1セットは拮抗した戦いの末にタイブレークに突入するも、これを落としてしまいます。第2セットは気を取り直して6-2で奪取、勝負は最終セットにもつれ込みますが、あと一歩のところで力及ばず、このセットを3-6で取られ、セット・カウント1-2(6-7、6-2、3-6)での初戦敗退となりました。


そのほかの1回戦も行われましたが、男子では第2シードのジョコビッチ、第3シードのフェデラーらが順当に2回戦への進出を決めています。
女子では、第1シードのケルバーらが2回戦にコマを進めています。

 

日本勢は早くも5人が敗退してしまいましたが、勝ち残った錦織、杉田、大阪の3選手には、ひとつでも上に行けるよう、熱い声援を送っていきたいと思います!

 


【日本人選手の状況】

(男子)

錦織圭 ・・・ 2回戦進出!

杉田祐一  ・・・  2回戦進出!

ダニエル太郎 ・・・ 1回戦敗退

(女子)

土居美咲 ・・・ 1回戦敗退

大阪なおみ ・・・ 2回戦進出!

尾崎里紗 ・・・ 1回戦敗退

日比野奈緒 ・・・ 1回戦敗退

奈良くるみ ・・・ 1回戦敗退

 (女子ダブルス)

加藤美唯/穂積絵莉