今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

ウィンブルドン 日本人選手試合結果 錦織、大阪は2回戦進出!日比野、奈良は残念!

f:id:ogihara0308:20170701173401j:plain

 

ウィンブルドンでは男子、女子シングルスの1回戦が行われました。

日本人選手の試合結果をお伝えします。

 

【1回戦】
(9)錦織圭 3-0 チェッキナート

初戦の相手は世界ランク102位のチェッキナート(イタリア)でした。
この試合、第1セットの第1ゲームから相手のサービスをブレイクし、波に乗った錦織選手はそのままの勢いで第1、2セットを連取。第3セットは相手にサービス・キープを許さない貫禄のテニスで、セット・カウント3-0(6-2、6-2、6-0)、わずか72分で1回戦に勝利し、6年連続での初戦突破となりました。
2回戦は同112位、ウクライナのセルゲイ・スタコフスキーと戦います。
スタコフスキーは様々なショットを操る技巧派で、2013年のウィンブルドン2回戦ではフェデラーを破る金星をあげている、侮れない選手です。錦織選手もこれまでの対戦成績が0勝2敗、とは言っても、最後の対戦がもう6年も前の話なので、あまり参考にはならないかも知れませんが、楽に片づけられる相手でないことは間違いありません。
懸念されたコンディションもいいようなので、この勢いでぜひ2回戦も突破してもらいたいですね。


【1回戦】
(17)キーズ 0-2 日比野奈緒

第17シードのマディソン・キーズ(アメリカ)に挑んだ日比野選手でしたが、セット・カウント0-2(4-6、2-6)で1回戦突破はなりませんでした。

 

【1回戦】
大阪なおみ 2-0 ソリベス

今年がウィンブルドン初出場となる大阪なおみ選手は、同100位のソリベス(スペイン)と対戦しました。
この試合、第1セットを6-3で先取した大阪選手でしたが、第2セットは相手の反撃にあい、タイブレークにもつれ込みます。しかし、これを得意の強打で押し切り、セット・カウント2-0(6-3、7-6(7-3))で2回戦進出を決めました。

 

【1回戦】
アバンダ 2-0 奈良くるみ

奈良選手の相手は、予選から勝ち上がってきた同142位のアバンダ(カナダ)でしたが、セット・カウント0-2(2-6、4-6)で敗れ、4年連続の初戦突破はなりませんでした。


そのほかの1回戦も行われましたが、男子では第1シードのマレー、第4シードのナダルがともにストレートで対戦相手を粉砕し、2回戦への進出を決めています。
しかし、ちょっとした波乱が。第5シードのワウリンカが、ウィンブルドン初出場の21歳・メドベデフ(同49位)に敗れ、1回戦で姿を消しました。
女子では、第2シードのハレプ、第13シードのオスタペンコが順当に2回戦にコマを進めています。

 

さて、今日は男子ではダニエル太郎、杉田祐一の両選手、女子では尾崎里紗、土居美咲の両選手が1回戦に登場します。
錦織、大阪選手に続いて、2回戦への進出を勝ち取ってほしいですね。

 


【日本人選手の状況】

(男子)

錦織圭 ・・・ 2回戦進出!

杉田祐一

ダニエル太郎

(女子)

土居美咲

大阪なおみ ・・・ 2回戦進出!

尾崎里紗

日比野奈緒 ・・・ 1回戦敗退

奈良くるみ ・・・ 1回戦敗退

 

(女子ダブルス)

加藤美唯/穂積絵莉