今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

ウィンブルドン展望 優勝予想など

f:id:ogihara0308:20170701173401j:plain

 

今年も「芝の王者」を決める戦い、ウィンブルドンが7月3日から開幕します。

優勝予想、そして日本人選手の活躍の予想などを書いてみたいと思います。

 

それでは、男子のシングルスを見てみましょう。

 

まず、昨年度の大会を振り返ってみると・・・。

昨年は、3年ぶり2度目の優勝を狙う第2シードのアンディ・マレーと、4大大会初の決勝進出となった第6シードのミロシュ・ラオニッチが対戦し、ストレートでマレーが勝利を勝ち取りました。

錦織圭選手は第5シードでの登場でしたが、4回戦で怪我のため棄権でしたね。

 

では、今年はどうなるでしょうか。

トップ・シードは次のようになっています。

 第1シード アンディ・マレー(イギリス)

 第2シード ノバク・ジョコビッチセルビア

 第3シード ロジャー・フェデラー(スイス)

 第4シード ラファエル・ナダル(スペイン)

 第5シード スタン・ワウリンカ(スイス)

 第6シード ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

 第7シード マリン・チリッチクロアチア

 第8シード ドミニク・ティエム(オーストラリア)

 第9シード 錦織圭(日本)

 ・・・

となっています。

優勝に向けての展開の予想ですが、何と言っても、「芝の帝王」ロジャー・フェデラーが中心になってくることは間違いないですね。この大会過去7度の優勝を誇り、全仏オープンを含むクレーコートシーズンの試合をすべてスキップしてウインブルドンに照準を合わせ、前哨戦となるゲリー・ウェバー・オープンでも優勝、と条件が揃い過ぎでしょう!

では、ストップ・ザ・フェデラーの一番手は?

それは、昨年度優勝で第1シードのマレー、と言いたいところですが、私はナダル推したいです。今年は全仏オープンを制して絶好調!「赤土の王者」ですが、過去ウィンブルドンでは2度優勝しており、芝への適応力も問題なし!今年はやってくれそうな予感がします。

そして、マレー、ジョコビッチもいます。マレーは過去2度優勝、ジョコビッチは過去3度優勝と実績は十分。今年は今ひとつ波に乗り切れていませんが、大きな大会でこそ力を発揮するのがトップ選手でいられる所以ですから、怖い存在でることに間違いはありません。

本命=フェデラー、対抗=ナダルと来たところで、大穴は誰でしょう?

マレー、ジョコビッチも含めたBIG4の牙城を崩すのは容易なことではないですが、もし可能性があるとしたら、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンでフェデラーと決勝戦を戦った、アレクサンダー・ズベレフでしょう!

5月の大会ではジョコビッチを破って優勝を飾るなど、爆発力が魅力の20歳!ただ、全仏オープンでは1回戦でコロッと負けてしまっているので、一抹の不安はありますけども。

 

我らが錦織圭選手はどうでしょうか?

錦織圭選手は芝との相性が良くなく、ウィンブルドンも2年連続で途中棄権しています。プロの選手に言わせると、クレーでの戦い方(フットワークなど)と芝での戦い方はまったく違うそうですね。芝は滑りやすいために、余計に重心を低くして、踏ん張って打たないといけないらしいです。クレーコートシーズンで足腰に蓄積した疲労が十分に癒せないまま芝のシーズンに突入してしまい、トーナメントの途中で悲鳴を上げてしまうということなのでしょうか。

今年は、まずは途中棄権しないでトーナメントを戦い抜いて、松岡修造さんに並ぶベスト8あたりまで勝ち進んでくれたら御の字かなあ、くらいですね。

というような予想を覆す活躍を期待します!

 

女子のシングルスですが、順当に行けば第1シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)なのですが、注目したいのは、全仏オープンでノーシードから優勝したエレナ・オスタペンコ(ラトビア)ですね。今大会は第13シードとなりましたが、全仏オープンに続いて、何かやってくれそうな気がします。

 

今大会、日本人としては以下の選手が出場します。

【男子シングルス】

 錦織圭(世界ランク9位、第9シード)

 杉田祐一(同66位)

 ダニエル太郎(同89位)

【女子シングルス】

 土井美咲(同55位)

 大阪なおみ(同58位)

 尾崎里紗(同75位)

 日比野奈緒(同91位)

 奈良くるみ(同92位)

【女子ダブルス】

 加藤美唯/穂積絵莉(第16シード)

 

大会の模様は、WOWOW及びNHKにて放映予定です。

WOWOW公式サイト

www.wowow.co.jp

 

ウィンブルドン公式サイト

www.wimbledon.com

 

大会期間中は試合結果などをお伝えしていきますので、皆で応援しましょう!