今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

全仏オープン⑬ 男子はナダルが前人未到の10度目の優勝!

f:id:ogihara0308:20170612094743p:plain

 

f:id:ogihara0308:20170609164320p:plain

 

今日は男子シングルスの決勝が行われました。

 

同大会過去9度の優勝を誇る第4シードのナダル(世界ランク4位、スペイン)に挑むのは、2015年以来2度目の優勝を狙う第3シードのワウリンカ(同3位、スイス)です。

 

第1セットはお互いに順調な滑り出しを見せ、第5ゲームまでサービス・キープが続きますが、第6ゲームでナダルがワウリンカのサービスをこの試合初のブレイク、ゲーム・カウントを4-2とします。ここからナダルのエンジンがかかり、第7、8ゲームを連取し、このセットを6-2で先取します。

第2セット、反撃に転じたいワウリンカですが、第2ゲームを早々とブレイクされ、後手に回る展開に。結局このセットも、好調さを維持したナダルに6-3で奪われてしまいます。

後がなくなったワウリンカですが、ナダルの勢いを止めることができず、第3セットも第1ゲームでいきなりブレイクを許す苦しい展開になってしまいます。その後もナダルが押しまくり、このセットも6-1でナダルが奪取し、セット・カウント3-0で今大会の頂点に登りつめました。

 

終わってみれば、ナダルは失セット数0という完璧な勝ち上がりで、全仏オープン前人未到の10度目の優勝になります。4大大会は通算15勝目で、通算18勝でトップに立つロジャー・フェデラー(スイス)に次ぐ歴代勝利数単独2位となりました。

 

昨季は怪我の影響で非常に不本意なシーズンを過ごし、ランキングも落としてしまったナダルですが、ここに来て完全復活を遂げました。

次の4大大会=ウィンブルドンフェデラーも出場しますので、さらに激しい大会になりそうです。

トップ選手達の今後の活躍から目が離せません!