今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

全仏オープン⑪ 男子決勝はナダルVSワウリンカ!

f:id:ogihara0308:20170609164320p:plain

 

昨日は男子準決勝の2試合が行われまきた。

 

第4シードのナダル(世界ランク4位、スペイン)と第6シードのティエム(同7位、オーストリア)との一戦は、ナダルが6ー3、6-4、6-0のストレートで、若き挑戦者ティエムを退けました。

世界ランク2位のジョコビッチをストレートで下して勝ち上がってきたティエムでしたが、これが経験の差でしょうか、ナダルの前にはなす術なし、でしたね。

 

もうひとつの試合、第1シードのマレー(同1位、イギリス)と第3シードのワウリンカ(同3位、スイス)の闘いは、両者一歩も譲らず、互角の打ち合いを見せたのですが、6-7(6-8)、6-3、5-7、7-6(7-3)、6-1のセット・カウント3-2でワウリンカがマレーを下して、決勝に勝ち上がりました。

 

過去9度、この全仏オープンを制しているナダルですが、10回目の優勝に向かって絶好調です。

一方のワウリンカは、2015年にこの大会を制しており、2年振り2度目の優勝を狙います。

どちらが勝つにしても、壮絶な打ち合いになることは間違いないでしょう。

決勝は、日本時間で6/12の午前0時スタートです。

 

さて、今日は女子シングルスの決勝が行われます。

第3シードのハレプ(同4位、ルーマニア)に挑むのは、ノーシードから勝ち上がってきた、世界ランク47位(ラトビア)のオスタペンコです。

こちらも絶好調同士の対戦ですので、熱い試合になるでしょう。

楽しみですね!