今日もテニス日和!

万年スクール中級プレイヤーのテニス日記です。サークル活動状況のほか、ラケット、ウェア、コート、観戦記などいろいろ書いていきます。

全仏オープン⑧ 錦織圭、順延後の熱戦を制してベスト16進出!

この日は、前日雨天のため順延となっていた、錦織圭とチュン・ヘヨンとの一戦が再開されました。

セット・カウント(錦織から)2-1、第4セットのゲーム・カウント0-3からの再開となりましたが、再開後も錦織圭の調子は上がらず、1ゲームも奪えぬまま、0-6でこのセットを落としてしまいます。

勝負の行方は第5セットへ。このセット、第4ゲームを先にブレイクし、3-1とリード。第9ゲームでブレイクバックされ、5-4と追いつかれるも、第10ゲームを再びブレイクし、6-4でこのセットを奪取し、ゲーム・セット。

二日がかりの大熱戦に終止符を打ち、ベスト16への進出を決めました!

それにしても雨天順延は錦織圭にとって、文字通り「恵みの雨」となりましたね。本人もインタビューで言っていましたが、雨天順延がなかったら、勝つのは非常に難しかったに違いありません。

2週間の長いトーナメントですから、運を味方につけるのも大事なことです。この勢いで、次の試合にも勝って、ベスト8入りを決めて欲しいですね。

 

次の対戦相手は、世界ランク37位、スペインのフェルナンド・ベルダスコです。

クレーでは強い選手で、ここまで勝ち上がって来たのもコンディションが良い証拠と言えるでしょう。

再びタフなゲームになりそうな予感がしますが、頑張って勝ち上がって欲しいですね。

 

女子ダブルスでは、3回戦に進出した日比野/ロソルスカ組ですが、フリプケンス/スキアボーネ組に3-6、2-6のセット・カウント0-2で敗れ、べスト8入りはなりませんでした。

 

非常に残念でしたが、また次のトーナメントでの健闘を期待しています!